ペルー・クスコから南の谷へ日帰り旅をしよう

往時の雰囲気そのままに

インカ帝国を征服したスペイン人は、ペルー各地で新たな集落を開拓していきました。古都クスコから東へ走る街道には、当時誕生した植民地スタイルの村が続き、そこで守られるバロックの美を追い求めながら、アンデスが秘める光と影を見つめる旅というのもいいでしょう。この街道は、聖地とされるティティカカ湖やアマゾンの入り口となる都市プエルト・マルドナードへ通じており、その途上にあるのが聖なる南の谷です。

水と生命に恵まれた地として、アンデス屈指の美観を誇ります。なだらかに広がる山裾には川と湖が光り、野生の草花が水辺を包み込んでいます。高地特有の澄み切った空気もすがすがしく、冴えた日差しが照らし出す風景は神秘的でしょう。

小さな町の教会群を巡る

南の谷の見どころは多様で、周辺には歴史のある村や希少な遺跡もあります。それぞれの村で伝統料理を味わい、古代の遺跡にたたずみながら、自生するスパイスやハーブを摘む谷巡りは、楽しいですよ。緑豊かな村々には、どの村にも碁盤の目状の中央にアルマス広場があり、広場に面して聖堂や公共施設がたっています。これは画一的な植民地都市の名残で、当時の街並みが現在も残っているのです。中でも古典的なバロック様式を守り通す教会は、今も村の中心的な存在です。簡単な外観とは一転、教会の内部には黄金に輝くバロックの殿堂が開けており、色彩豊かな壁画が天井まで隙間なく埋め尽くしています。世界的にも有名なサン・ペドロ教会から南米の至宝、ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会まで、聖なる美を巡ってみましょう。

フライアゴーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です