山中湖川から美しい富士山の写真を撮りたいなら何処がいい?

富士山と山中湖の関係性

富士山の周囲には山梨県内の富士五湖(山中湖・河口湖等)・静岡県の田貫湖と、合計6つの湖があります。その中で山中湖は、富士山の東北東の方角に位置する湖です。面積が一番大きいほか、他の5つの湖より150mから200mくらい標高が高く、富士山を写真を撮影する場合、他の湖とは違ったアングルの姿を撮れるのが魅力といえます。

一番のおすすめの撮影スポットは山中湖 パノラマ台

アマチュアやプロのかたが美しい富士山の姿を撮影するため山中湖までやって来る場合に、一番おすすめな場所といえるのが山中湖パノラマ台です。こちらは山中湖の水面より約100m高い標高1100mくらいの場所に位置する有名な富士山ビューポイントで、山中湖村の中でも特に人気がある場所となっています。人気スポットのため、すぐ周囲には駐車場があってトイレも設置されていますので、特に困る事がありません。かなり視界が開けており、高い位置から富士山と山中湖が一緒に写る写真を撮れるため、迷ったらここに行くのがおすすめです。ちなみに週末の昼間は観光客や撮影家で込み合うため、平日の昼間に行くのがベストです。なお、奥地に位置していて夜になると星が綺麗なため、日没後まで滞在して天体観測を楽しんだり星空を撮影するのも良いでしょう。

山中湖交流プラザからの景色も良い

山中湖パノラマ台と比べると標高は低いものの、この場所の近くに位置する山中湖交流プラザという湖東側の公園も富士山撮影ポイントとして良いと思います。こちらにも大きな駐車場やトイレがありますので、長時間滞在していられます。なお、湖の岸辺まで歩いて向かえますので、より近くで山中湖を撮影できるのがこちらの公園の魅力です。

フライアゴーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です